RSS | ATOM | SEARCH
横一列
社長、社員、大工、各々の職人や業者さん、作家さん、アーティストさんたち、などなど…

「この全員が、横一列が一番良い」

そう、今ほど社長と2時間半ほど電話で話していた。

「僕は、TAKATA建築の社員で、本当に良かった☆☆☆☆☆」





NOBU
author:NOBU, category:-, 20:31
comments(0), trackbacks(0)
ハワイアン新築古民家 上棟式
金沢市田上 Y様邸 上棟式




「ハワイアン新築古民家」

いよいよ!スタートです!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:-, 18:25
comments(0), trackbacks(0)
衝突から何事も生まれる
話せ

当たれ

ぶつかり合え

怖がんな

変な気を使うな

影で言うのはやめろ

表で言え

笑…

今日も暑苦しくて、すいません…

今の世の中見てて感じて

本当に思うんです

「おまえら!気持ちわりーよ!」

女子特有の〜?

とか!言う奴に限って!

おい!男子!

おまえ?!大丈夫か?!笑

とにかく!真っ向から!

あたれよ

人だけに神とやらが与えた

話し合う

出来るんやて!

なら!やれま!

トコトン!やれま!

その「変な癖」が、色々、負を招くんやて!

「気持ち悪い」のは、やめろま!

理想論語っちゃって〜?

言ってろ!

そんな、陰口叩く奴に、誰が生涯の家!任せて〜んだよ!

各々、キャラはあるけど、プライドだけは忘れんなよ!

怒り、嫉妬、ではなくな!

叱るには、叱るほうもプライドあんだよ!

その叱りには、愛と感謝しか、ね〜んだよ!

分かるひとに分かれば良い

分からん奴には分からんで良し!

ただ一つだけ

言わせてください

逃げんな

ぜってー
逃げんな

守りと、逃げは、大きく違う!





衝突、怖がんなよ、楽を選ぶなよ、

ユルユル人生!最高!スローライフ!最高とか言ってる奴に限って、案外多数!「逃げてっから」「いざ!によえーんだよ!」

「ふざけるのは芯を持ってからにしろ」
でなきゃ、後で、マジ自分!大変なことになるんやぞ〜!

右手が熱くお喋りな今日に付き合ってくれて!thank you!です!笑





NOBU
author:NOBU, category:-, 21:54
comments(0), trackbacks(0)
SNS

LINE、インスタ、フェイスブック、ブログなどなど…

い〜ろんなSNSとやらが普及し便利は便利なんやけど

「めんどくせぇな〜!だから!SNSで!」と、言う人が大半しめてるんやけど、


ブログ書きながら、なんなんですが…笑
逆やと思います!笑

「めんどくさいことは、会うのが、一番早いです☆☆☆☆☆」

僕たちやっぱり「人」なんで!







NOBU

author:NOBU, category:-, 22:06
comments(0), trackbacks(0)
自己満足
「自己満足」の世界に決して浸らないよう、流されないよう、常に冷静な自分でいられるよう、見つめ直し

「いま何が皆に求められている」かということを、ひたすら追い続け求めること。

これが僕たちの家づくり「究極のデザインづくり」だと信じて、ひたすら突き進むこと。


その視点を失ったとき、プロは、プロでなくなるのであろう。





日々精進





NOBU
author:NOBU, category:-, 21:32
comments(0), trackbacks(0)
お招き
今日は、昨年建築させて頂いた、金沢市教育委員長、野口ご家族からのお招きパーティ!






娘さんからのご縁で繋がり、更なる繋がりが生まれ、今もなお、ドンドンと繋がり…

やはり、出逢いとご縁とタイミングと…全てに感謝です☆☆☆☆☆

本当にありがとうございます!と、同時に、日々、思い信じ、行動していること全てが、繋がっていくと…、確信しております☆☆☆☆☆

良き出会いは、互いに自分自身で惹きつけるものだと、そう、精進したいと思います。

野口ご家族様

「ありがとうございました☆☆☆☆☆」




NOBU
author:NOBU, category:-, 23:02
comments(0), trackbacks(0)
自分存在意義
誰かのために損得勘定ぬきで

只々、一心不乱に、無償で動いて

必要とされ、自分自身で「報われた」

そう、心から思えたとき

人は初めて、自分の存在意義を感じそして

本来の幸せの意味とやらを、分かる

そんな気がしてならない、今日この頃

生涯勉強ですな〜!自分!





NOBU
author:NOBU, category:-, 20:47
comments(0), trackbacks(0)
器用不器用
人間、器用、不器用なひと、特にひとに関わる上であるわんな〜

器用なひとは器用なひとで、めっちゃみんなに気まわししてるし、

不器用なひとは不器用なひとで、マイペースなひとと言われることも、あるやんな〜

それはそれで、個性としていいんやけど、器用なひとは一言一言、口数多い分、その一言にちゃんとした重さをのせなきゃな〜

んで、不器用なひとは不器用なりに、「自分!不器用なんです!笑」の一点張りではなく、

ひととして生まれてきた以上、決して一人では生きていけないから、せめても普段は不器用万歳!でいいから、

「ありがとう」

この言葉だけは、頑張って言えるようになってほしいんな〜

「ありがとうは魔法の言葉」

とか!カッコええことどうでもええから!笑

小声でもええから、自分に対しての感謝の行動には、頑張って「ありがとう」
言ってみ

きっと、それだけで、自分のまわりの人間関係やらなんやら、変わってくるから
ありがとう


もちろん嫌味のないやつね!笑
言われて嬉しくない人間は

この世にいないからね〜

たった一言

保育園でならったやつだ!

頑張れ!大人社会!笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:44
comments(0), trackbacks(0)
無知の美学
無知

僕は色々、…

本当に無知です!笑

最近、本当によく言われます!笑

これはただのバカという意味ではなく、(もちろん!基本バカ野郎なのですが!爆笑)

きっと、ある意味「怖いもの知らず」という意味で、皆に言われることが多いです。

無知、という字だけ見ると、なんだか薄い人間に見えて来るんだけど、僕はこの、ある意味、ある意味ですよ!無知、この言葉、悪くない!笑

そう、思うんですよね。

大人になればなるほど、知識が豊富すぎて周囲を気にして考えすぎて、常識というマントをまとって、生きていく。

それが段々と、自分らしさや勇気を無くしていくのであれば、

僕は、無知のまんまで良き!です

無知、知らないからこそ、これまでのカタにはまらず、楽しんで、生きることが出来ることが多々あるんです

もちのろん!自分が欲しい!興味を持ったものや時には興味なきものも、知識として入れて、経験していくことも、当然ながらやってますよ

けど、あまりにも頭デッカチになりすぎたら、頭が重すぎて、心が軽くなれないような気がしてならんのです!

子供たちの目が興味津々で!キラキラしてんのは!きっと、無知だからなんです、きっと

頭で動くより、心と感覚で、動くこと
なんだか、いまのこの殺伐とした時代に必要に思えてならない、今日の右手がお喋り君でした!笑

NOBU
author:NOBU, category:-, 20:50
comments(0), trackbacks(0)
まるさんかくしかく

〇 マル〜く生きてる人

△ 三角とんがって生きてる人
□ 四角四面で生きてる人
各々の生き方って、あるんやてな〜
それはそれで、ええんやてな〜
根本は変える必要は、ないんやけど
この世の中に、不変って、ないんやと、思う
んで、もし変わりたい自分がいるんなら
かけ算まで言わんでも、たし算はできるよ
○ん中に□△、○の外に□△
△の中に□○、△の外に□○
□の中に○△、□の外に○△
んで、中に○△□、外に○△□
書いてて多少、訳わかんなってきたが(笑)
「そういうことだわ〜」
あとは、○になにをたすんか!
□に○をたすんか!
△に○も□もたしたいんか!
それは「自分自身できめな〜」
もしかして、○のまま△のまま□のままでいいのか〜
んで、もしも○△□すべてもってそのまわりにヒラヒラ広げていって
「花丸」にしたいなら、それもまた自分で決めなきゃな〜
自分の貫いた真理なら、曲げる必要も変わる必要もないしね〜
ただ、この世に不変がない事実は確かなら
ひともものもことも、変化する
なら、あなたも、僕も「なにになりたい」?
それも分からない!いうひともおるやろな〜
そういうひとは、他人の目をきにするとか、
そういうしょ〜もないレベルのはなしではなく
「○からはじめてみよっか!」
なぜかって?笑
「角がたたないから!笑 つながるから!笑 ま〜るくおさまるから!笑」
そこに△□の個性や主張を貫ければ、なおよし!
地球が丸いんやから、しゃ〜ないやんけ!笑
そこから宇宙とか銀河とかなんとかとかいって。。。
「無限大になるんやろきっと?」
そして、そこからまた自分にかえってきてまた、無限大なんやろ?笑
「答えのない世界なんやから、自分自身で答え出せばええんやと」
思う、今日このごろ。
んでラスト!笑
人生!「78点ぐらいが満点」なんやと!
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:27
comments(0), trackbacks(0)