RSS | ATOM | SEARCH
最期まで武士道を貫いたカイロ医でした
僕が通っていたカイロの先生が、亡くなった

先月の末ごろに診療所の前を通ったら、シャッターが閉められ、雪が少し積もった先生の車が前にポツンととまっており…

「嫌な気」がしたので、携帯と診療所に電話をしたものの繋がらず…

それから気になってはいたものの「きっといつもの出張だろう」と診療所には寄らず

そして約1ヶ月後の先週、また診療所の前を通ると今度は車がなくなっており、シャッターは閉じられたまま

「間違いなくおかしい」

そう思い、車を駐車場に停め、裏の自宅 の玄関へ

鍵はかけられ(一人暮らしの先生だった)
ポスト口をそっと覗いてみるとたまった郵便物が…

「今度こそ嫌な予感」がし、携帯をかけてみると、現在使われておりませんのアナウンスが

信じたくない、信じよう

きっと生きてる、生きてくれているはずだ

そう願いながら、やっと時間があいたので今日、ご近所の誰かが事情をと思い尋ねると

あの1ヶ月前の「嫌な気」がしていた時に、亡くなっていた

最期はひとり、診療所で倒れ込んでいて、救急車が駆けつけタンカーを持って入っていったが、そのタンカーに乗ることはなかったらしい…

「ノブ、ワシが死んだらな、香典はいらんから線香だけあげてくれいや〜」

これが先生の口癖だった

後悔がのこる

悔いがのこる

もっと、顔を出してあげてれば

「あのとき」もしかしてまだ息をしていたのでは?

悔やんでも、悔やみきれない

見た目はヤクザのようなじーさんだったけど、腕は石川でナンバー1だったと思う

僕の頸椎をほぼ動くようにしてくれたのも、人としての生き方や在り方を教えてくれたのも、先生だった


人の死は

突如として、地震のようにやってくる

そして、気付く、

なんとも、はかない

桜のように散ることすら知らないままに

あっけなく、散る

とにかくいまは

先生を弔いたい

手を合わせたい

ありがとうございましたと

触れたい

ゆっくり休んでくださいと

目の前で涙したい

先生、数々のことを、この約15年間本当にありがとうございました

なんとか聞きまわり!あなたの墓は意地でも探し出して会いに行くよ!

本当に本当に、ありがとうございました☆☆☆☆☆

そしてあなたが教えてくれた事を、思い出しながらあなたの分まで生きるよ

生かされている命に、感謝しつつ…

あなたからの恩義は、生涯わすれないよ

心よりご冥福をお祈りいたします





合掌





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:11
comments(0), -
建築業界のYouTuber
建築業界の裏表を赤裸々に熱く語る

YouTuberデビューしようかと

本気で悩んでおります…笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:50
comments(0), -
「有ること難し」
先ほどSNSで流れてきた文章を抜粋させていただきます

「ありがとうとあたりまえ」

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。

教えてもらった答えは・・・

「あたりまえ」

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」

「有難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。 めったにない事にめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」

我々は、毎日起こる出来事を、 当たり前だと思って過ごしている。

歩けるのが、あたりまえ。

目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。

手足が動くのが、あたりまえ。

毎朝目覚めるのが、あたりまえ。

食事ができるのが、あたりまえ。

息ができるのが、あたりまえ。

友達といつも会えるのが、あたりまえ。

太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。

うまれてきたのが、あたりまえ。

夫(妻)が毎日帰ってくるのが、 あたりまえ。

そして…

生きているのが、あたりまえ。

また、ある夫婦の話もしてくれた。

晩酌の時、いつも無口の夫が、

「ちょっと、お酌してくれないか?」 と珍しく妻に言った。

台所の片付けをしていた妻は、 「今、忙しいから自分でやって」と答えた。

夫は少し寂しそうだったが、 手酌で酒をついだ。

その、2〜3時間後、夫は急に倒れ、 救急車で病院に運ばれ、 帰らぬ人となってしまった。

それから、妻は、

何故あの時、 夫にお酌をしてあげなかったのかと、 ずっと悔やんだという。

あの時何故、もっと、 優しい言葉で、 こぼれるような笑顔で、 感謝の言葉で、 接することができなかったのか…

誰しも、 今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。

今日、 誰かと出逢い、話し、笑い、 食事をして、仕事ができる。

こんな当たり前だと思うことが、 本当は奇跡の連続なのだ。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、 「ありがとう」を言わずにいられない。






「有ること難し」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:06
comments(0), -
今日のオフ日の過ごし方〜
今日は仕事オフ日です☆☆☆☆☆

朝はまあまあゆるゆるの時間に起きて、ネットサーフィンしながらノンカフェコーヒーでボチボチ目を覚まし、一服

リビングで30分ほどストレッチと軽めの筋トレして身体を起こしていく
午後からはおにぎりとカップラーメンをすすりながら、至福の一服

好きな本を読みながら、SNSに目を通し、また好きな本を読みながら、SNSとネットショッピング

ゆるゆる過ごす
身体がなまってきたのでドライブへとクルマに乗り込み

好きな音楽を聴きながら口ずさむ

コンビニ寄って雑誌をあさりすべてのジャンルの「最近」とやらをなんとなくチェックする

身体があったまってきたので暖房をかけながらも窓を開け、心地良いひんやり風を浴びながらあてなきドライブ

友人と連絡取り合ってお洒落なお店など関係なく、食べたいものを適当に安価で食う

しばしの雑談しながら、またねと別れ
2時間ほどの運動で身体を動かし汗をかき心地よい疲れとともに、またノンカフェコーヒーを飲む

クルマに乗り込み今宵晩酌の酒とツマミを購入しに行く…

と、いま、これまでの1日の動きを、酒屋の駐車場でブログとして書いてみた





本日!一切もって!まったく仕事のことは頭になしなのであります!笑





趣味と好きなこと好きなものしかアタマになく!です!はい!笑





けれど「こんな感じ」のオフひとり時間がまた明後日からの仕事の原動力となっているように、思います

なんてことない、オッサンの休日なのですが…笑





今宵!これからまだまだ!これから!

大好きなお酒とツマミとたまった録画を見て爆笑しながら、ゆるゆる酔いながら、鋭気を養いたいと思います☆☆☆☆☆





オフがあってオンがある〜





明日は家族たちと笑って過ごしたいと思います☆☆☆☆☆





仕事と遊びと家族との時間

このバランスを全力で楽しむコツは

無理せず自分らしく掛け持つとか考えず

その都度都度を、後先考えすぎず、楽しむこと





流されず、自分らしくいればそれでいいんです☆☆☆☆☆





それでは!帰宅して!
まずは風呂、入ってきます!笑





皆々様々!本日もお疲れ様でした!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:25
comments(0), -
人生最後の日、私はいま幸せだ。
どうも、

僕はあなただ。

理想の人生を生きた

人生最後の日のあなただよ。

人生は短い。

あっという間だった。

生まれてから

今日までのことを考えてごらん。

長いようであっという間だっただろ。

やりたいことはすべてやるがいい。

人間は死ぬ間際、

やったことに後悔する人は少ないものだ。

やらなかったことに後悔する。

チャップリンがいったとおりだよ。

In the end everything is a gag

つらかったことも、最後には全部ギャグになる。

ボブマーリーが歌ったとおりだよ。

Everything` s gonna be alright

すべてだいじょうぶだから。

やってみたいことはやってみるがいい。

なにもかもだいじょうぶだから

人生最後の日を迎える私から見ると

うまくいったかなんて、

どうでもよかったんだとわかる。

人生最後の日から見ると

すべての出来事は

夢の中の思い出になるんだ。

ほんとうに大切なのは、

ハートをひらくこと、自分に素直になること。

いまの自分の気持ちに

ちゃんと寄り添ってあげるんだ。

「 ほんとは、どうしたいの? 」って

それが、未来の私から

あなたに一番伝えたいことだ。

人生は文字どおり旅なんだ。

旅に成功も失敗もあるか

そして、旅には、

やらなければいけないこともなにもない。

歯を磨く、それくらいのもんだ。

だいじょうぶ。

子どもの頃の気持ちを思い出してごらん。

そう。その気持ちだ。

家の扉をあけたとたんに

走り出していたあの頃のあなた。

私は私の人生を選んで

本当によかった。

人生最後の日、私はいま幸せだ。

いま、心からそう思えるのは

あなたのおかげだよ

いまのあなたが、たくさん、たくさん

傷ついてくれたからだ。

そして、いまのあなたが勇気を出して

一歩踏み出してくれたからだ。

すばらしい人生だった。

心からありがとう。






-----------------

あまりにも共感させられた文章を見つけたので、他サイトから引用させて頂きました





「ハートをひらくこと、自分に素直になること。」





皆さまも、悔いなき素晴らしい人生を!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:26
comments(0), -
本当にありがたい一日となりました
先ほど、本日最後のお客様の接客を終えました

今日は、お客様や職人さんからのご紹介、お問い合わせなどなど…

ありがたい出会いやご縁が沢山あった日

本当にありがたい一日となりました☆☆☆☆☆





出逢いやご縁、繋がり…

いったいどのようにして生まれていくのでしょうね?と、考える一日となりましたが

やっぱりその答えは

その時々のお互いの通じ合う同じ波長がお互いを引きつけ合う

そんなことを確信した一日でもありました





今日出逢ってくれた人たちすべてに言いたいです





「見つけてくれてありがとう」





人生、面白すぎますね!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 21:53
comments(0), -
10の悪いところ
なんかの正月番組かなにかで見てて

ダウンタウンの松本人志が

「本当の友達とは良いところも悪いところも10個ぐらい言えないと、友達とは言えない」と言ってた

これ、何気に心に突き刺さりませんか?

良いところはなんとでも言えるが、悪いところを10個言っても変わらぬ信頼関係の強さって、凄くないですか?

そして、あなたには、何人いますか?

そんな友達

僕には数人しか、正直アタマに浮かびません

無理して友達を増やすこともないし、友達の数を偉ぶる歳でもまったくありません

ただ、この歳になって思うのは「叱ってくれる人や友達の有り難み」

誰も面倒くさくなって自分で精一杯で…

だからこそ、自分を本気で面と向かって叱ってくれる友達、大切にしよう!

そう決めた、正月の4日目です





ところで…

FacebookやInstagram、LINE、Twitterなどなど…

SNSのなかだけで繋がってる友達って、

決してすべてではないですが
10は良いところを言ってくれるが、悪いところは0しか言ってくれません

それがもしかして

現代に創らされた人間関係なのかもしれませんね





叩くと干されて消されるこのアホな世の中

逆を言うとすぐに引っ張り上げられて潰される腐ったこの世の中





人間誰だって間違いは起こすし完璧ではないから人間なんだよ、いつの世も





たった数年後、すべてがAIとやらに呑み込まれないことを、祈るばかりです





今年は特に、世の中を変えて守る何らかの仕組みを、考えていきたいものです





書いてるうちに大きく脱線しましたが…笑





もう一度!





あなたを本気で叱ってくれる人、どうか大切にしてください





この時代「もはやタカラですよ」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:38
comments(0), trackbacks(0)
今年最後は…
「最近いつもバカみたいに寝笑いしてるから!動画撮ったわ!」

とっ、今日の朝、嫁様から衝撃動画を見せられました!笑

なんの夢見てたか、サッパリ覚えとらんのだけど…

「この寝笑いこそが今年最後の僕のすべての答え」かと!爆笑

今年一年!本当にありがとうございました!

そして来年もこのバカを何卒宜しくお願い致します!

それでは、皆々様々〜!!!!!

どうか各々のスタイルで!最高の年越しを!!!!!☆☆☆☆☆







今年最後にすべての皆さまに感謝しながら…

「吾唯足知」




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 12:25
comments(0), trackbacks(0)
都会の夜景
どこかで見た言葉ドキッとした言葉です

都会のあの綺麗な夜景はね
「残業」で出来ているんだよ

意味?分かりますよね?

煌びやかで華やかに見えるものの影と裏は皆んな、血と汗と涙と努力と頑張りの結晶なんだと思っている

それが「理想と現実」

どちらともに、大切だということ

これからもこの2つともを忘れずに、突き進んでいきたいものです




どちらも、真実だから☆☆☆☆☆…




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 17:41
comments(0), trackbacks(0)
「嫁に出した、娘のために」。

「TAKATA建築思想」

 

これからも、初志貫徹で。。。

生まれてきてくれて、ありがとう。

誕生。それは喜びと希望に満ちた奇跡、愛する我が子が生まれたとき。
親を経験した人なら、その感動がリアルに想像できるはずだ。
生涯に一度の家づくり、もしかしたら、かなり近い経験なのかもしれない。
家が商品と呼ばれ大量生産されて久しい今、一人ひとりの家族の幸せを願う
家の出発点は完成ではなく、誕生と呼んで祝福したい。
「この時代に、生まれてきてくれてありがとう」。
そんな言葉を贈りたくなる家を、これからも造り続けていきたい。

 

あなたと出会えたから、生まれてきて良かった。

出会い。それは偶然必然なのだろうか。
奇跡的な出会いを経験した幸運な人は、即答するはずだ「最初から決まっていた運命」。
家づくりを成功させた人も、例外なくそう思うだろう。
事実、理想を求めない人に、そんな幸運が訪れることはない。
いい家に出会う人は、やはり必然的な運命といえるのだ。
引き渡しの際に施主さんが喜びの涙を流す…、その姿をそっと見つめる家が、
もし感情を持つとしたらこう思うに違いない。
「生まれてきて良かった」と。

 

そして「家と友」に、生きていく。

誕生や出会い。それは、あくまで始まりに過ぎない。
思わぬ試練や課題が付き物なのも人生。そこに直面したとき、人間の価値が試されるだろう。
家も同じく、どんな立派な材料、優れた設計やコンセプトも、色あせてしまっては価値を失う。
住まう人が不満に思った時、どれだけ親身に対応できるか、
その時に家の本当の価値は決まるだろう。
「嫁に出した、娘のために」。
そんなスタンスが将来にわたり徹底されたとき、
家はようやく完成するのだろう。

 

NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:46
comments(2), trackbacks(0)