RSS | ATOM | SEARCH


命っていう漢字

よく見りゃ「一つ叩く」って書く

これは「心臓の脈」のこと

昨日、ある方に教えてもらった

なんでもないことに思うかも知れないけど

自分の意識とは無意識に、一つ一つ叩いてもらって、身体は生かされている

いまも、この瞬間も、生かされている、命

我が顔で生きてるつもりでいるけれど、

やっぱりここに常に意識できる自分でいたいもの

今日も生かされている奇跡に、感謝したいものだ

僕の自宅の目の前には大きな病院がある

この時間、書斎から病室の明かりを眺めながら、いま書いている

「いま入院しているひとはみんなそこに意識している」

けれど一旦、また現実社会に出ると

その感謝は、また薄れてしまう

そういや思い出した言葉

この場所に建築する際、嫁さんに行った言葉

「いつも病院を眺めながら生きてることに感謝できる!そんな場所って凄くないかい?」

忘れずに、生きよう

生かされている、命の尊さを…☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:57
comments(0), trackbacks(0)
「なんで人は生まれてくるの?」
「パパ、なんで人は生まれてくるん?」

皆さんはそう子供たちに聞かれたことはあるだろうか?

そしてその質問にうまく答えられなかった経験はないだろうか?
昨日、唐突にうちの子供たちに聞かれました。
答えは各々あると思いますが、僕は自信を持って、笑顔でこう答えた。
「人はきっと、誰かを幸せにするために生まれてくるんやろなあ〜」

「そっか!なるほど〜!」

と、嬉しそうに笑う子供たちの笑顔が嬉しかった。


やっぱり「親は子の笑顔が嬉しくて、子は親の笑顔が嬉しい」に決まってます☆☆☆☆☆




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:59
comments(0), trackbacks(0)
ストレスとは
怖い、本気で無理

そうやって五感全体で身体が拒否している事は、なるだけやらないほうが良い

極度のストレス状態に襲われ、万が一出来たとしても「もう二度とやりたくはない」という、下手したらトラウマしか残らない

自分の得意なこと、分野だけをドンドンと伸ばしてチャレンジすることももちろん大切ではあるが、ある種これは守りであって下手すれば、逃げにも近くなる

なるだけスレトスもかからないしいいじゃないかい!

と、いう人もいるかもしれないし、いないかもしれない、笑

けどね、得意分野だけを伸ばすことはある意味「本気の達成感」とやらに、かける、ように思う。

怖い…、、、けど、もしかして、自分にも頑張れば出来るかも、、、けど、やっぱり怖いな〜…どうしようかな〜…

こんな感じで右往左往するぐらいの、怖さなら、

ぜひ、一歩!前へ!

一歩前へ踏み出してほしい

勇気を出して

この一歩は、かなり大きい

なぜなら、失敗しても一番先に書いたように「もう二度とやりたくない」とは思わず「失敗しても後悔はない」更には「次こそは成功してやる」というチャレンジ精神が、湧き出てくる

そして、もし成功したときは

得意分野をさらに伸ばした時よりも、比べものにならない「最高の達成感」が溢れ出てくる

「やったよ!俺出来たよ!やれたよ!頑張れたよ!」

「一つ自分との戦いに勝ち、一歩大きな階段を登った瞬間」だ

ストレス社会

世間では騒いでいるが、そんなもんいつの世もあったはず

現代から、逃げてはいけない

ストレスとは

極度の緊張状態や恐怖時にかなりかかる、これは、逃げればよい、どんどん逃げろ!

ただし、ただしだ!

全くのノンストレス

これは、もっと怖い

性格も人格も感動も感情も、破壊する

ある程度のストレスを持って、常に自分にとって「これ、出来るかな〜…!よし!勇気を出して!やってみよう!」

こうやって生きているほうが、実はストレスとやらと上手く付き合って生きていく、自分を高めていくことに、他ならぬように思う、今日、この頃…

と。いうか!

今日、本日!そんな「やれるかも…」を、二つ階段登った、そんな達成感の自分ブログです…笑笑





逃げと攻めと守りを、自分自身に正直に

上手く付き合って、

常にチャレンジして、生きましょうか!




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:54
comments(0), trackbacks(0)
出すときは惜しみなく心を込めて出すこと

なんとなくの法則

手元にあるお金を、自我自欲だけでため込むのではなく、もちろん出来るかぎりだが、大好きな人たちに惜しみなく、

ギフトでもなんでもいいから、心を込めて出す。

そしてここに見返りや損得勘定を入れては、絶対にだめ。とにかく、惜しみなく心を込めて、出す。

更には、募金や恵まれない子供たち、顔も見えない場所にも余裕があれば出す、お賽銭箱までにも損得勘定なしで、出す。

そして友人やナカマたちの仕事や商売にも、お金をもって仕事を贈り、お金をもって購入する。

そうこうしているうちに、自分のまわりに人が勝手に潤ってくる、

そしてあとから何倍にもなってお金が潤い、かならず返ってくる。

そのスパイラルを繰り返しているうちに自分も周囲もみんな、信頼できるナカマたちと価値あるお金で、潤い続けて行く。

将来の貯蓄優先、ケチはよくない、そう断言するつもりは一切ないが、

人間関係とお金の関係性を考えると、これが絶対的な法則の様に最近思えて、ならない今日この頃である。

こごぞ、出すときは惜しみなく心を込めて出す

いまのところこの循環に自分自身で気づき心してから、

必要最低限のお金に困ったことは、おかげさまで一度もない。

ただし、僕には、貯金がありません。。。笑

NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 18:48
comments(0), trackbacks(0)
分相応
無理はしないこと

最近になってようやくなんやけど、

「これ以上やったら、ヤバイ」という自分の限界ラインとやらが分かってきた

うん、心は正直だ

今日は勇気を出してふたつ依頼されていた、僕なんぞに分不相応な講演依頼を、お断りした

おそらく皆が知ってる超有名なその場所で講演することは、自分の地位も名誉もきっと上がるに違いなかっただろう

けど、なんだか、かなり自分に無理をしてそこで講演することは、自分なのだが、自分ではない

そんなことを思い丁重にお断りさせていただいた

自分らしく

身の丈

背伸びせず

分相応に

さらに謙虚に

僕は全国で講演をやるより

無我夢中で家づくりのことを考えているほうが、性に合うし、自分らしく、ストレスがない

あ、けど、あといくつかの講演依頼は地元だったので、有り難く、このバカ野郎の口から何が飛び出すが分からないが、お受けさせていただこうかと思った

正直に

自分が、出来るか出来ないか

やれるかやりたいか

やりたいのかやりたくないのか

気持ち良いか気持ち悪いか

素直に正直に謙虚になって

自分らしく、自分らしく

ようは全国講演に、ビビった君のヘタレ君なのである!爆笑

いつの日だろうな〜、来るのかな〜

もしも、またその場所での全国講演依頼がやってきた時の自分が


上等分相応!笑
俺しかおらんやろ〜!

喋りたくてしょうがないわい!

皆んなに聞いてもらえるおもたら!

ワクワクして楽しみでしょうがないわい!

そんな風に思えたら、マッハでお受けさせていただきます!笑

本気で自分がやりたいならね

7割

なんでも、7割

その調整をせず、10割を分かってて超えた時、人は潰れる

常に3割の冷静さと余裕を持った時に

ひとは、なんでも客観的に楽しめるんやと、そう思う、今日この頃です

僕は地位も名誉も立場よりも人からの評価よりも

大好きな仕事を死ぬまで突き詰めて、
自分自信で日々納得して

自分らしく生きていきたい

カッコ悪くてもなんでもいいから


自分の大好きなことで

人を喜ばせて生きたい

それが自分の生き様です






人は良い意味で、時には、断る勇気と逃げる勇気






これ、必要です





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:36
comments(0), trackbacks(0)
敵は己にあり
おちるまで、考える

あたまで考え、胸におち、腹におち、腑におちるまで

とことん、考える

その途中段階で妥協して、ものづくりに取り組んだとき、ろくな結果を生んだことが、ない

「これでいいか…」

妥協

自分自信で、気持ち悪いのを分かっていて、妥協したとき

さらに気持ち悪い結果を、かならず迎える

つらい、逃げ出したい、もう無理

そんな中でも、時間をあけて、ほかのことをして、逆さまにして、視点を変えて、変えて、変えて…

「腑におちたとき」

かならず想いは伝わり

悔いなき結果を、生み出してくれ、さらには、次へと繋がる展開を生み出す

「敵は己にあり」

これからも支えてくれる、皆んなに感謝しながら

妥協なき仕事を、自分の可能性を

突き詰めて、生きたい





決まった…笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:39
comments(0), trackbacks(0)
長く続く秘訣
「親しき仲にも礼儀あり」

付き合いが長くなり親しくなればなるほど

ありがとうね

ごめんな

いつも感謝してるよ

こういった言葉や行動が、更に必要になってくるように思う

初対面から安心へ、信用となり、信頼へと変わっていく関係のなかで

実は最も大切なことのように、最近思うんですよね

大切なポイントだけでいいから!お互いにちゃんと伝えていきましょうね!

それがきっと

「あたりまえに感謝」ですよ〜☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:47
comments(0), trackbacks(0)
こんな自分ですけど…
ここ数年、まだまだ至らない自分ではあるけれど

建築に関してはもちろんなんだけど、それ以外に、お客様やその繋がり、友人知人、まったくの初対面の方などから、


いわゆる、人生相談を受けることが非常に多い


年齢問わずでときには20代の女の子、ときには30代のビジネスマン、40代の経営者、50代の自営の方、60代の隠居の方まで、幅広い

あっ、高校生もいるか
ときには仕事の合間をぬって、ときには仕事を終えてから

時間をつくっては、相談にのる

まったく建築とは関係ないとは言えど、僕はそうとは思わないし、思ったことがない

人を引き上げるなんてとても偉そうなことは言えないけれど

親身になって相手の立場を思い切り想像し自分に置き換えることは、

ものすごく仕事の思考にも役立ち、仕事もなにもこれもあれもそれも、出逢った人たちといろんなカタチとして必ずどこかであらゆるカタチで繋がっていくから、実に面白いし勉強にもなり、自分自身への成長にも繋がってゆくと、信じている

大好きな仕事をトコトンやりたいのであれば、もしかして順番や視点は、逆なのかもしれない

仕事から人脈を広げるのではなく、むしろ仕事とは無関係のまわりの人たちに目を耳をちゃんと傾け続けることが、大好きな仕事をやり続ける最大のコツと秘訣なのかもしれないし、それを同時進行で進むことこそが、


巡り巡って回り回って

人×人×人×… そうやって
経営の基盤をつくっていくように思う、今日この頃





老若男女問わず、すべての人に興味津々!





きっと、これでいいし、これがいいのだである!





日々精進!生涯勉強!





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 17:38
comments(0), trackbacks(0)
自分人生!無限大
最近、とあるきっかけで「医学書」を読んでいる

建築とはまったくの別分野なのだが、強烈に興味が湧き、寝る前に必ず読んでいる

大自然があって、皆んながいて、家族がいて、自分がいて、それぞれに色々あって、ワクワクドキドキ!楽しみがあって悩みがあって…、健康の大切さにたどり着いて…、そうこうしてるうちに、医学書を読みあさる自分にたどり着いて…

学問に興味がふつふつと湧いてきて、気づいたら教育までや医学への興味が止まらなくなっている

まったく建築とは違うジャンルに思えるかも知れないが、自分にとっては、すべてひとつに思えてならない

いくつになっても、凝り固まったひとつのジャンルにとらわれるよりも、多種多様なジャンルに浮気して欲張るほうが、性に合う

心広く、懐深く

可能性はどこにだってあり、すべてに未知数

興味と好奇心とチャレンジに、年齢は関係ない

勝手に、夢!叶えてる自分がそこに、ここにいる

「自分人生!無限大」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 21:41
comments(0), trackbacks(0)
頭で決めるな!胸で決めろ!
頭では、段取りや計算や気まわし気くばりなど
胸(ハート)では、人との対話や会話、感覚や直感、決意や決断など

とにかく、大切な事や物や人は、自分の胸で決める

さらに頭で考えるのではなく、心で考えた事を言葉に発して行動する

いわゆる

顕在意識と潜在意識

実は頭で考えていることなんて、氷山の一角の一角

胸で考え思い感じ動いたことが、どれだけの真実性があることか

まずは自分を信じて、頭で考えることも当然必要だが、ここぞという時は、自分の胸で考えて、決断してほしい

「気持ち良いか気持ち悪いか」

僕にもあなたにもおそらく

まだまだ99%の潜在能力が眠っている

そして、この潜在能力は、決して裏切らないし裏切らない

なぜなら、自分自身だからだ

よく考えて…

「気持ちの良い関係性」はすべて頭で考えた顕在意識ではなく、心で考えた潜在意識から成り立ち、繋がり繋がり、また繋がり、ステキな人たちと出会い出会い…

今日も、今さっき、そんな体験感覚を、目の当たりにした

だから皆んな

「胸で話すことを意識してみよう」

そしたらきっと

すべてがうまくまわりだす

よっ!きっと!笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:50
comments(0), trackbacks(0)