RSS | ATOM | SEARCH
タモリや高田純次
今日は身内が急遽体調を崩したということで、病院へ付き添いに





聞き飽きたかも言葉かもしれないが書かせてください





金もなにもかも生きてゆける最低限で良いから、どうか健康をください





心からそう思い願う日でした





皆さん良き意味で「適当に程々」に生きましょう





そのほうが、タモリや高田純次のように「長続き」するかもですよ〜笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:38
comments(0), trackbacks(0)
死ぬ時に持っていけるもの
仕事には「プライド」というものが必要不可欠となるのだが、

そのなかの「変なプライド」が大きなアダとなることが、大変多いように思うのです。





時にはこれまでのプライドを捨てて、ド素人になる勇気、

これ、大事です、

とてもね。

なぜならそれが、大きな共感共有、新たな発想発見、そして、感謝謙虚さが生まれてくるからね。





プライドを間違って振りかざしてる大バカ野郎ほど、案外、というか、弱く脆い。





プライドを捨てるのも、プライドです。





「死ぬ時に持ってける」それだけで人生自分と勝負しましょうや〜☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:18
comments(0), trackbacks(0)
ショールームとは
本日、お客様と住宅設備のショールームメーカー3件をめぐる〜





久しぶりにまわって、深く思い、感じたこと





キッチンもお風呂も、トイレと洗面化粧台も…

居心地の良い空間と、居心地のご案内係の人、これで半分以上の気持ちが決まるということ

どんな豪華なキッチンやお風呂を見せられても、居心地が悪いと、全てが台無しになってしまうということ

某メーカーさん!マジで気をつけましょう!笑
そして僕たち自身も!肝に銘じましょう!





ポイントとなるモノを選定するときに、いかにその空間と、そこにいる人々が重要なのかということを、あらためて考えさせる、有り難い一日となりました☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:37
comments(0), trackbacks(0)
見栄とプライドは大きく違う


ブッタが言った

「見栄とプライドの意味を履き違えてはいけない」




なにものにもとらわれることなく、すべて、あるがままに、自分らしく!




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:18
comments(0), trackbacks(0)
神棚
神棚

うちのお客様は年齢問わずして

「新築が完成したら神棚を置きたいんですけどどこが良いでしょうか?」

と、

十中八九、聞いて来られます

宗教宗派、個人の自由でありいろんな考え方があって当然だし、それでいいしそれがいいのですが

新築が完成したら神棚を祀り、目に見えない存在に毎日感謝して、手を合わせたい

そう、思える人たちの家づくりに携わり関われることが、嬉しいんです、なにより…

この想いや気持ちが、TAKATAの真髄だと、そう信じ、仕事に取り組ませてもらっているからです





今日も、仕事が出来ることに、感謝しつつ…☆☆☆☆☆





それでは!お打ち合わせに行ってきます…☆☆☆☆☆…





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 17:49
comments(0), trackbacks(0)
そこに気づけただけでも僕は幸せ者ですわ
今日は給与日

という訳で

社長、今月もありがとうございます

と、

感謝しつつ

今から、晩御飯

目の前のビール

お刺身

などなどすべてに…

思う訳ですよ

しみじみ〜と本気でね

心から

このご飯は、お金は、社長から頂いてるんやけど

その前に、「お客様が会社に支払ってくれるお金」、それがあって、給与があって、目の前のご飯…

いや

自分の生活すべてが養われているんだと

そう思うと

お客様すべてが

愛おしくなってくるわ

今日の給与日

特に、感謝して…

ありがとうございます☆☆☆☆☆

ありがたく

家族で

「いただきます☆☆☆☆☆」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:10
comments(0), trackbacks(0)
程々
やり過ぎてもダメ、やらなさ過ぎてもダメ

心も体も

程々に

程々を保つことそのものが

人生の修行のように思えてならない

上を見ても下を見てもキリがない

程々

ちょうど良いあんばいを保つこと

これは本当に難しいことだが

そこに意識を向け続けることで

目の前のすべての出来事が

心を自分のどこに置くかが

見えてきはじめて

感じる世界が大きく変わってくる





これからも、程々を全力に意識して、動き続けること

そして、良い意味で「程々に居心地良き家」を、造り続けて、生きたいです☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:22
comments(0), trackbacks(0)
自分の素直な居場所とやらは?
好きなひとと過ごす

落ち着くひとと過ごす

安らげるひとと過ごす





全てはそうとはいかない世の中かもしれないが

かけがえのない時間を、自分自身、居心地の良い時間に出来るかぎり費やしてほしい

家族でもいいし、友達だっていいし、ときにはひとりの時間だっていい

「心が本気で喜んでいる」

そう思えるひとたち、そして自分と付き合ってほしい





もっともっと、みんな、周りの付き合いや目、そんなものに振り回されず

自分に素直に幸せになってもいいんじゃないかな〜

っと、特に思う今日この頃ってやつです





意外と人生そんな長くないからね

瞬間瞬間を、せっかくなんで楽しめるよう!生きましょうよ〜





背伸びせず!素直に自分らしく!





今日も生かされている命に感謝しつつ…☆☆☆☆☆…





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 20:53
comments(0), trackbacks(0)
娘の涙
白か黒か…

決断のとき

ただ、白が6割、黒が4割

どうしても、決まらない





ならば今は「グレー」だな!





答えを出さずしておこう!!!!!





決断しないという、決断も、ときにはものすごく重要なのであります☆☆☆☆☆





そう、今日は、まさかの娘の涙が、教えてくれました☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:37
comments(0), trackbacks(0)
反対ではなく実は同類です
常に「脱力で、全力に」

このバランス、相当難しいんだけど

「掴んだら、相当、しめたものです」




NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:42
comments(0), trackbacks(0)