RSS | ATOM | SEARCH
器用不器用
人間、器用、不器用なひと、特にひとに関わる上であるわんな〜

器用なひとは器用なひとで、めっちゃみんなに気まわししてるし、

不器用なひとは不器用なひとで、マイペースなひとと言われることも、あるやんな〜

それはそれで、個性としていいんやけど、器用なひとは一言一言、口数多い分、その一言にちゃんとした重さをのせなきゃな〜

んで、不器用なひとは不器用なりに、「自分!不器用なんです!笑」の一点張りではなく、

ひととして生まれてきた以上、決して一人では生きていけないから、せめても普段は不器用万歳!でいいから、

「ありがとう」

この言葉だけは、頑張って言えるようになってほしいんな〜

「ありがとうは魔法の言葉」

とか!カッコええことどうでもええから!笑

小声でもええから、自分に対しての感謝の行動には、頑張って「ありがとう」
言ってみ

きっと、それだけで、自分のまわりの人間関係やらなんやら、変わってくるから
ありがとう


もちろん嫌味のないやつね!笑
言われて嬉しくない人間は

この世にいないからね〜

たった一言

保育園でならったやつだ!

頑張れ!大人社会!笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:44
comments(0), trackbacks(0)
まるさんかくしかく

〇 マル〜く生きてる人

△ 三角とんがって生きてる人
□ 四角四面で生きてる人
各々の生き方って、あるんやてな〜
それはそれで、ええんやてな〜
根本は変える必要は、ないんやけど
この世の中に、不変って、ないんやと、思う
んで、もし変わりたい自分がいるんなら
かけ算まで言わんでも、たし算はできるよ
○ん中に□△、○の外に□△
△の中に□○、△の外に□○
□の中に○△、□の外に○△
んで、中に○△□、外に○△□
書いてて多少、訳わかんなってきたが(笑)
「そういうことだわ〜」
あとは、○になにをたすんか!
□に○をたすんか!
△に○も□もたしたいんか!
それは「自分自身できめな〜」
もしかして、○のまま△のまま□のままでいいのか〜
んで、もしも○△□すべてもってそのまわりにヒラヒラ広げていって
「花丸」にしたいなら、それもまた自分で決めなきゃな〜
自分の貫いた真理なら、曲げる必要も変わる必要もないしね〜
ただ、この世に不変がない事実は確かなら
ひともものもことも、変化する
なら、あなたも、僕も「なにになりたい」?
それも分からない!いうひともおるやろな〜
そういうひとは、他人の目をきにするとか、
そういうしょ〜もないレベルのはなしではなく
「○からはじめてみよっか!」
なぜかって?笑
「角がたたないから!笑 つながるから!笑 ま〜るくおさまるから!笑」
そこに△□の個性や主張を貫ければ、なおよし!
地球が丸いんやから、しゃ〜ないやんけ!笑
そこから宇宙とか銀河とかなんとかとかいって。。。
「無限大になるんやろきっと?」
そして、そこからまた自分にかえってきてまた、無限大なんやろ?笑
「答えのない世界なんやから、自分自身で答え出せばええんやと」
思う、今日このごろ。
んでラスト!笑
人生!「78点ぐらいが満点」なんやと!
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:27
comments(0), trackbacks(0)
「一番最後に飯を食う」

最近、意識してること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな意味でみんなで頑張ったあとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの笑顔を見てから「一番最後に飯を食う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかに間違っていることを周囲の人間がして際に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意するのは「誰もいない場所に呼びだして一対一で叱る」こと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その逆もしかりで褒めてあげる際は徹底的に「みんなのいる場所で褒めてあげる」こと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが「ボスとリーダー」との大きな差

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は「リーダー」でありたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々日々これ「精進」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 15:55
comments(0), trackbacks(0)
めんどくせ〜!!!!!
今日、初めて「三鷹ジブリ美術館」とやらに行って来ました。


率直な感想ですが、宮崎駿監督の口ぐせが「めんどくせ〜!!!!!」なのが、よく理解出来ました…

あの方は日本一「めんどくせ〜!!!!!」を言っても良い方!逆に堂々とめんどくせ〜!!!!!を言わないとおかしい方!

新しい発想を出しながら、何度も何度もおんなじ作業を繰り返しながら、継続させる…努力の天才…

もっと!ジブリ&宮崎ファンになりやした!☆

堂々と「めんどくせ〜!!!!!」を言える人間!目指します!☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:17
comments(0), trackbacks(0)
卒園旅行
今日は娘の卒園記念旅行に家族全員で…☆…

こいつらがいるから、自分、仕事ができています!

そういう意味では、家族の色んな記念日は、自分の仕事への原動力!パワーの源となってますね☆

「家族孝行」というよりは、日頃の感謝を行動に示したい、そんな二日間にしたいと思います☆

☆感謝☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:11
comments(0), trackbacks(0)
正直者?!

本日4月1日は「エープリルフール」ということで。。。

 

なにか皆がメチャクチャ驚くような大嘘ブログを書こう!(笑)と、

意気込んでPCの前に座り、色々思考回路をグルグルさせていたのだが、
こういう時にかぎって!良い嘘とやらがどうしても、出てこない。。。笑
そうこうしているうちに「なんでこんなに考えてまで!嘘をつかな!いかんねん!」
と、段々自分に腹が立ってきたので、正直者の僕は、やめることにしました!笑
あ!話は変わりますが!
「うちの社長、超ロン毛♡にするみたいです」。。。
。。。。。。。。。。
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 20:39
comments(0), trackbacks(0)
今俺自分
さっき、とある人から「あなたの10年後の未来予想図は?」と聞かれ、一瞬、戸惑いましたけど、即座に答えました。

「10年後の自分は見えないっすけど、今、ちゃんと明確に生きてる事だけは、ハッキリと見えますよ!」


なんか、上手く言えないですけど、今をちゃんと生きる事が、数年後の自分も、10年後の自分も、つくっていくように思います。





万歳!今自分!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 23:30
comments(0), trackbacks(0)
まさか
どうしようもない辛さ悩み痛みがあったとするわんな〜。

そして、その原因は「絶対そこ!」だと、決めつけることが多いやんな〜。

けど、その場所箇所を、撤退的に良くしよう色々動いても、一旦は良くなったように思えても、またすぐに元に戻ってしまうことって、結構、あんわんな〜。

そして「もう無理」「諦めよう」と、辛さ悩み痛みと共存すること多しやんな〜。


まてまて、ちょっとまて、いや場合によっては、かなりまて!笑


そんな時は「他の辛さ悩み痛みの箇所はないかい?」「決めつけてないかい?」「その場所だけが犯人」だと、信じ切ってないかい?


もしかして…


その全く予期してなかった「ほかの辛さ悩み痛みの場所」が、実は「親玉確信犯」だったしり、自分が決めつけてた「一番の痛み」だと「思い込んでいた(きた)場所が、被害者」だったりするんです!


心も体も人も家も仕事も家族も友人も環境も、全く同じことが言えるんですよね〜。


結論!


「決めつけは絶対に良くない」


色んな角度から見てみて「全てが繋がっている」ということを、腹の底から理解して、冷静にもっかい見てみましょう!

そこに「まさか」の答えが隠れ潜み、実は「早く見つけてくれ〜!」と、待ってることが、人生には多いにして、あるんですよ〜。


皆さん!お互いに心も体も脳みそも!ある意味「ふにゃふにゃ」にして、色んな角度から見れる様になってみましょう!

結果!










「必ず繋がって全て上手く治って行きますから☆」










今日のブログ、意味不明だと思うかもしれませんが「何かに繋げてみてください」










「それがいまのあなたの、答えですわ〜☆笑」










NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:59
comments(0), trackbacks(0)
毎度、上から目線で、若輩者が、すいません!笑

「究極に居心地の良い家」を、求め、続け、造り続けて、それなりに頑張ってます。

 

そして、それを求める人たちに、言いたい。

 

まずは、「自分にとって究極に居心地の良い、生き方」

 

それを、生涯、求め、続け、生きてほしい。

 

あなたらしく、自分らしく、家族らしく。

 

住まいが家なのであれば、また、そこに住まうのがあなたたち、

 

自分らしく、自分らしい家を。

 

そこには常識などは通用せず、

 

ただただ、あなたたちらしいということ。

 

僕たちは、その感覚感性に、実直に応えて、生きたい行きたい。

 

まずは、互いの人生の指針を、整えて気持ちの良いものにしてから

 

「生きましょう」

 

 

 

 

 

毎度、上から目線で、若輩者が、すいません!笑

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 22:55
comments(0), trackbacks(0)
長電話

今ほど現在建築中のお客様と、最初は仕事の話で電話していたのだが、

 

そのあと、約2時間はお互いのこれまでの人生と、これからの人生について、語り合う…

 

建築屋の一員ですが「建築より大切なこと」です

 

それがこれが、誰になにを言われようとも「TAKATA建築思想」です

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 19:09
comments(0), trackbacks(0)