RSS | ATOM | SEARCH
個性は才能

明るいやつ

暗いやつ

よく喋るやつ

おとなしいやつ

目立ちたがりや

目立ちたくない

作るのが好き

考えるのが好き

動きが早い

とにかく遅い(笑)

よく食べる

少食

よく眠る

ほとんど寝ない

元気いっぱい

熱い

冷静

前向き

後ろ向き

ポジティブ

ネガティヴ

コツコツやりたい

大きくやりたい

カッコつけ

皆んなといるのが好き

1人が好き





あげればきりがないし書いても書いてもきりがない





各々の持って生まれた、個性とやら





それを、ひん曲げてねじ曲げて、こねくり回して、言葉悪いが、支配しようとする、間違ってると、よくよく言うが、




僕は究極、だ〜れにも迷惑かけてなく、それが自分らしいんだ、と、ちゃんと理解して生きているひとは、それだけでええんやと、思う。





ただ、保育園も1つのチーム、学校も社会も、死ぬまで、チーム、家族だって当たり前の真ん中





なら、ひとは、ひとりで生きてないんやんね?





だからこそ、各々の個性を真っ向から否定せず、伸ばす伸ばしてあげることだかを考え、そして家族なりチームなりを、無理やりではなく、つくりつくっていく





そこに損得否定感情は、全くの、無意味




相手を思う気持ちさえあれば、それだけで、良いんやと、思う





その、個々のなんらかが、全部とは言わずして、いや、全部はありえない、歯車のようにキッチリ噛み合った時、誰に何と言われようと、バランスとれたチーム、とやらが、成立するんじゃ、ないんかな〜





そこには、相手の良いとこだけを見て、思いやる気持ちだけでええんやと思うんやてな〜





生涯!なんらかのカタチとして続いて生きていく、チーム





それを、続けていく、秘訣!、なんやろな〜





ブーがいて

工事がいて

カトチャンいて

長さんいて

志村…





ドリフ!!!!!笑





やっぱ、すっげー!しめ、やけど!爆笑




「ドリフの大爆笑」やんな〜!爆笑

 

NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 14:50
comments(0), trackbacks(0)
「この世とあの世が一つになる世界観」
TAKATA建築と全く関係のないイベント告知、すいません。。。笑
今回、このイベントプロデューサーに縁あって任命されたので
お許しくださいませませ。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いよいよ!今週日曜日となりました!

 

 

 

 

 

 

☆白山の神「菊理媛尊」☆

 

 

 

白山比弯声劼龍内に「Kage Mai」〜白き山の祈り〜として、

ダンサー「宝栄美希」に分身、降臨!?していただきます!

2018年4月15日(日)19:00〜19:30
はなしずめ 夜桜詣 ナイトアトラクション Kage Mai
白山比弯声匐内にて

もちろん観覧は無料です☆

 

「この世とあの世が一つになる世界観」そして、

いまだかつて「見た事のない白山さんの世界観」に酔いしれて頂きたい。。。

 

是非!ご体感あれ!☆

 

舞・映像 宝栄美希
写真 木村芳文
音楽 YURAI
プロデュース 小西暢広、マシロ

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 16:47
comments(0), trackbacks(0)
王鳥暖簾
能美市が提唱する、ウルトラアート事業の一環である「シェアアート」 辰口 義本様のアトリエに引き続き、今度は寺井 山本様のお宅に九谷焼の巨匠「武腰敏昭」先生の「王鳥図案」の暖簾を、本日納めさせて頂きました。


「古き良きものに新しきを、これ永遠なり」 武腰先生、山本様、ありがとうございました。





NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 18:42
comments(0), trackbacks(0)
「KageMai / What a Wonderfull World」

お時間のある方は、ご覧いただきたいです☆。。。

「KageMai / What a Wonderfull World」

Performer : Miki Hoei / Art Movies : Hakusan Nature Museum /Photo : Yoshifumi Kimura / Music Ema & Esoh (Yurai) / Produced by Mashiro
音と声と詞、白山映像、そして、影舞
きっと「この素晴らしき世界」に気づくことができるかもですよ☆。。。
NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 20:44
comments(0), trackbacks(0)
パワースポット

 

パワースポット探しだのなんだの言うとらんと!

 

せめて盆と彼岸の時ぐらいは

 

まずは自分の先祖を「思い出してやれよ」〜

 

自分が死んだら子や孫たちに、

たまには思い出してほしいやろ〜が〜

 

あくまで、個人的な意見ですがね。。。笑

 

 

 

 

 

僕の「パワースポット」から!「パワー!いただきました!」☆

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 18:01
comments(0), trackbacks(0)
「十年後の自分へ」

お母さんと一緒に内覧会を見に来てくれた、小学生の女の子。

 

 

 

 

 

学校へ提出したであろう、この作文を「今の自分へ」も贈ってくれました☆

 

 

すっちゃん♡ホント!ありがとうね!
そしてきっと君の夢は、叶っちゃうわ〜!笑

 

「十年後の自分へ」か〜…
よっしゃ!オッサンも書いてみることにしよう!☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 14:19
comments(0), trackbacks(0)
このカップを手に取って見て「あらためて色々確信しております」

TAKATA建築で住空間の壁紙として取り扱っている、

英国「ウィリアム・モリス」の壁紙をFBで見て、

 

先日、いつもお世話になっている整体の先生から、

ウィリアム・モリス「アイリス柄」のカップがサプライズで会社に贈られて来ました☆

 

 

百数十年前の英国の図柄が今もなお、このようなカタチとして日本に愛され普及し蘇っている。。。

 

このカップを手に取って見て「あらためて色々確信しております」

理屈云々抜きにして「良きものは良き」と認め皆でシェアしていく、例えどんなカタチであろうとも。。。

 

 

橋本先生

 

☆ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 21:10
comments(0), trackbacks(0)
「新たなる九谷のカタチ」

武腰先生ご友人の山本様から、

能美市「ウルトラアートの家」にお納めさせて頂きました「王鳥」暖簾、

ご自宅用の依頼をいただき、山本様のご自宅へ採寸、

武腰先生の工房にご挨拶に行かせていただきました☆






武腰先生も山本様も、今回の「新たなる九谷のカタチ」に大変、

共鳴共感、喜んで下さっており、此方としても本当に嬉しい限りです☆

今後の更なる展開を胸に…☆

暖簾などのご要望がございましたら、ご遠慮なく僕の方までお気軽にお問い合わせ下さいませ☆

武腰先生、山本様、本日はお忙しい中ありがとうございました☆

author:NOBU, category:画像・絵, 16:00
comments(0), trackbacks(0)
「徳田家の春」

快晴 (開成)

 

白山市 徳田様邸新築工事 地鎮祭

 

二度の大雪、解体工事、補修工事を終えて
ようやく待ちわびた「徳田家の春」。

 

 

 

お待たせ致しました!いよいよ、始動です!

 

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 17:18
comments(0), trackbacks(0)
「町の名医」

家族で久しぶりに某大型スーパーを歩いていると、

各々、約2年前と4年前に建築させていただいた、お客様2組から後ろから肩をたたかれ…

 

 

 

 

 

「小西さん!お久しぶり〜!お元気ですか〜⁈

いつもテレビやら雑誌やらなんやら活躍見てますよ〜!応援してますからね〜!」

 

 

 

 

 

と、そんな感じで、いきなりだと意外と反応に照れる困る(笑)、有り難いお言葉を頂くことがよくある。

 

 

 

 

 

「家⁈順調⁈、居心地は⁈、特に問題はない⁈、ご主人仕事はどう⁈、

へえ〜!めっちゃ順調やんけ〜!、奥さん!なんだか雰囲気変わったね!綺麗になってない⁈笑、

そなんだ!フラ始めたんだ〜!それはいいね〜!、おっ⁈チビ!大きくなったね〜!、

そっか!四月から小学生か〜!、お父さんお母さんは元気⁈、寂しいな〜!たまには内覧会顔出してよ〜!、

あ!家のことでもなんでもいつでも!なにかあったら電話してよ〜!、では!また会いましょうね〜!」

 

 

 

 

 

時間にしたらほんの数分なのですが「こんな会話がとてつもなく嬉しかったりします」

 

 

 

 

 

お客様たちと別れたあとに、ふと思い、嫁に

 

 

 

 

 

「なあ⁈、よく考えたら「俺のやってる仕事って、凄いよな…。

だって、「あの家族たちの「家」を造って、

「順調⁈、困ったことはない⁈、居心地は⁈」って、

まるで俺なんかが「病院の先生みたい」やんな!笑、

そう思うと「もの凄いことをやってる」気がしてきたわ!ありがたいんなっ!」

 

 

 

 

 

「そうか!それか!それだ!なんか!わかった!」

 

 

 

 

 

家づくりに携わる僕の立場は、決して会社は大きく有名なんかでなくてよく、

生涯の家の「町の名医」のような存在になればええんや!

 

 

 

 

 

「間違いのない自分の立ち位置」を、確実に確信、掴んだような気がします☆

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NOBU

author:NOBU, category:画像・絵, 17:34
comments(0), trackbacks(0)