RSS | ATOM | SEARCH
理想と現実
理想と現実

この両方を同時進行で貫くことは、並大抵ではない

ふと気づけば理想論のみにふけていたり
損得勘定ばかり考えていると現実的に生きてしまう

理想と現実

この2つを表裏一体で行くときは

「がむしゃらの努力は大いに人を裏切ってしまう」ということを、忘れてはならない

もちろん努力することを否定しているのではない

効率、戦法、戦略

冷静に冷静に

「熱く冷静」にだ

頭を大いにつかって考え抜きながら、努力を継続する

これは、相当なことがないと、転ばない
そんななかで理想を高く志し、目の前の現実をしっかりと受け取り見つめながら、…

最後はやっぱり

笑顔と笑いの空気感

これで、理想と現実のバランスが取れてくるのだと、

僕は体感、そして経験している





そこに「おかげさま」という感謝が加われば、最強最高ですな!





日々精進!生涯感謝!





仕事も家庭もなにもかも





理想と現実とやらを貫いて行きたい生きたい活きたいものですな〜☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:20
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/1061