RSS | ATOM | SEARCH
第二の人生

「見えた」

 

 

 

 

 

以前に還暦を過ぎたお客様から
「なあ、いいか!男はな!60歳から第二の人生がまたスタートするんや!
夢と希望を常に持つんや!この歳になると周りは孫と病気と年金の話しかせん!(笑)
それじゃダメなんやて!夢!希望!それをいつまでも持ち続けるんや!」
と、本当にキラキラした目と満面の笑顔で、そう自分に語ってくれたことがあった
本音
正直、相当その方が羨ましかった
「俺も還暦のときにそういうふうに思えてるんかな〜」
「いつの日か、そう、60歳以降、いわゆる現役を退いたあとのハッキリとした
夢、目標、ビジョンって見えてくんのかな〜」
正直、ぼんやりと「第二の人生」を直視して考えても見えてこないし、
なんだか、怖かった
それがね
見えたんです
見えてきたんです!
しかも、クッキリハッキリと!
世の為、人の為になりながら、そして、自分自身が楽しみながら生きて行ける
そんな、自分自身でしか出来ないこと、夢
現実になりそうです
まだ、相当あとのお話ですけどね(笑)
そのためには「今の第一の人生」を、トコトン全うしながら「第二の人生の夢を同時に追うんです」
というか、もうすでに追い始めています(笑)
僕は奇跡的に、皆のおかげで、そして社長のおかげで、今の仕事、やりがい、自分の居場所がしっかりとあります
好きか嫌いか、そういう次元ではなく「魂が震えるぐらいに喜んでいるか?」
この問いに即答できる仕事に、ありがたく今、就いている
そういう、魂が喜べる、60歳からの自分
やっと、見つけたんです
今の仕事もなにもかも自分もまわりもいまも過去も未来も・・・
すべてが繋がっていくステキな夢なんです
「必ず現実にします」
そのためには、やっぱり、今の自分を「震わせよう」
まだまだ、自分もみんなも、幸せにしたい!欲張りちゃんなんです!笑
還暦超えても、イケてるジジいで、いたいもんですな〜☆
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:22
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/1063