RSS | ATOM | SEARCH
出すときは惜しみなく心を込めて出すこと

なんとなくの法則

手元にあるお金を、自我自欲だけでため込むのではなく、もちろん出来るかぎりだが、大好きな人たちに惜しみなく、

ギフトでもなんでもいいから、心を込めて出す。

そしてここに見返りや損得勘定を入れては、絶対にだめ。とにかく、惜しみなく心を込めて、出す。

更には、募金や恵まれない子供たち、顔も見えない場所にも余裕があれば出す、お賽銭箱までにも損得勘定なしで、出す。

そして友人やナカマたちの仕事や商売にも、お金をもって仕事を贈り、お金をもって購入する。

そうこうしているうちに、自分のまわりに人が勝手に潤ってくる、

そしてあとから何倍にもなってお金が潤い、かならず返ってくる。

そのスパイラルを繰り返しているうちに自分も周囲もみんな、信頼できるナカマたちと価値あるお金で、潤い続けて行く。

将来の貯蓄優先、ケチはよくない、そう断言するつもりは一切ないが、

人間関係とお金の関係性を考えると、これが絶対的な法則の様に最近思えて、ならない今日この頃である。

こごぞ、出すときは惜しみなく心を込めて出す

いまのところこの循環に自分自身で気づき心してから、

必要最低限のお金に困ったことは、おかげさまで一度もない。

ただし、僕には、貯金がありません。。。笑

NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 18:48
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/1129