RSS | ATOM | SEARCH
さて、ボーナスの使い道は・・・

僕の家は家計は嫁が管理していて、毎月、小遣い制である。

ボーナス時もおなじくで、嫁から毎月と同額を、有難く頂くことになっている
一昨日の朝、子供たちが学校へ行ってから嫁が
「今回もありがとう!」そう言ってボーナスの一部から現金を封筒に入れて
僕に笑顔で手渡してくれた「いやいや!俺のほうこそいつもありがとうな!」そう言いながら
「自分へのご褒美!今回はなにを買おうかな〜!?」なんて考えてたけど、ふと思い、嫁に
「おまえは何買うの?」そう聞くと「私はいいの!今回は出費が多くてほとんど残らないから!笑」
そう笑いながら言い返す嫁
瞬間決断
現金が入った封筒をあけ、半分を、嫁に渡した
「いい!いらないから!好きにつかって!」
「いいから!いいから!受け取れ!オマエも好きに使え!」
「なら子供たちの・・・」
「だめだ!お前の好きなものを!服でもバッグでもなんでもいいから!
自分のために使え!自分のワクワクすることにつかえ!
俺は子供たちにこのお金をあげた訳じゃない、おまえに渡したんだ!だから、おまえの好きにつかえ!」
そういうと、泣き上戸の嫁、朝から冷蔵庫の前で、泣き出す!笑
「本当にありがとう!涙!うん!なら好きに使わせてもらうね!本当にありがとう!」と、
泣き笑いながら嬉しそうに、そう言葉を返した
。。。。。。。。。。
会社へ向かう車中で「やっぱり!もったいないことしたかな〜!爆笑」なんて一瞬考えたけど!爆笑
「あいつ、本当に嬉しそうだったな〜。。。」のほうが、楽勝!勝利し、心が満たされていた
半分半分 感謝と感謝 尊敬と尊敬 ありがとうとありがとう
独占はせず、無償で分け合う喜び、これが夫婦家庭円満の秘訣のように、思います
家庭だけではなく、すべてにおいてね!
ちなみに嫁様、一昨日から、すこぶる!御機嫌が良いです!爆笑
これでいいし、これがいいし、これがいいのだ、これでいいのだです!
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:50
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1200