RSS | ATOM | SEARCH
「雨がやまないときは傘をさしてもらえばいい」

謙虚に 慎ましく 敬い 感謝する

「ありがとう」
人は調子のよい時ほど、これを忘れてしまう
そして弱っている時ほど、これをかみしめる
助け 支え 心配 そして そばにいて 救ってくれる
そんな人たちに 恵まれるには
まずは まわりを なんだっていいから、幸せにすること
シアワセの返還と循環
そして、そのありがたみ
いまそのことをしみじみと感じている
助け助け合い、支え支え合い、感謝感謝し合い・・・
シアワセを分かち合う
この関係性だけは普遍的なものだと
「やまない雨はない」と信じるのもよいが
「雨がやまないときに何人の人が傘をさしてくれるか」
こっちのほうがよほど重要に思う、そんな今日この頃
そんなずべてのメンバーたちで、家づくりというフィールドで
みんなで幸せになりたいです
「ありがとう」
NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:32
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/1245