RSS | ATOM | SEARCH
3000ピース

新築を建てる際に

設計プランニング段階から

平均してですが

決めなくては行けない箇所は

3000

3000箇所あると言われているというか

あります





今日は2組のお客様の最終段階でのプロデュース

現場行って、現場行って、また現場行って、やっぱり現場行って

写真と動画を撮りまくって

やっぱりもう一度現場へ行って
朝から事務所にこもって

その約3000箇所のほぼラスト段階を

決定していきます





パズルでいう

3000ピースを上手くはめていく

しかも、はめる順番をワンピース間違えても、ダメなんです

そして、最後のワンピース

ハマったら

お客様に、ご提案する

それでも

実は

ダメなんです





アタマのなかで組み上がった

一枚の3000ピースの画が

各々のお客様の想像以上の画になっているか

各々のお客様が想像以上感動できるものになっているか

その確認を何度も何度もおこない

ときにはすべて崩して

1から

やり直す





そうやって

家というパズルを

僕たちは何十人もの人間たちと

組んで行くんです

延々と

組み続けて行くんです





今日はようやく

2組のお客様のパズルが

組み上がりました



明日またそのパズルを

間違いなく見返すんです

「まだなにかその上その先が更にあるのではないか」

そうやって

また見返すんです





結局

僕たちの仕事は

いや

すべてのプロとは

生涯

「自分のなかでのパズルを、組み上がることはない、いや、組み上げてはダメなのだと思います」





身体も頭も神経も

すべてすり減らしますが





3000ピースのパズルとの闘いは





生涯、やめられません





なぜか?





当然、責任もあります

プロ根性も、それなりにあります

それよりもなによりも





「やっぱり好きで好きでしょうがないから、辛くても辛くても、やっぱり楽しいからです」





旅とは、終わりなき旅だから

また次なる旅を、楽しめる





こんな僕でよければどうか共に、旅に出ましょう




今日も皆さま、お疲れ様でした☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 19:55
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1465