RSS | ATOM | SEARCH
過去を振り返り原点を見つめ直すこと、これはもの凄く大切な、未来への作業だと思う
先日、ちかくを通ったのでふと懐かしく思い、車を停めて外から眺めた

今から10数年前…

この建物二階の10畳一間の小さな小さな事務所から、社長と2人きりTAKATA建築「樂家樂座の家づくり」をスタートさせた



一階は美顔教室ということで、よくおば様たちが間違えて事務所に入ってきたな〜




この扉を開けると急な階段からスタートすんだよな〜

トイレ掃除を社長とふたり交互にやってたな〜

真ん前の大家さん、いつも気楽に事務所に入って来てくれたな〜

社長のお父さんもよくコピー機を借りに、いきなり事務所に入って来たな〜

真ん前にあるマック、飽きるほど毎日喰ってたな〜

お客さんとの打ち合わせ中、場所がないからと僕のデスクで奥さんたちが授乳して、見ないようにしてたな〜

などなど…

今では考えられないような事が本当に沢山あった、思い出深き旧事務所を、感慨深く眺めていた





2〜3年この事務所で過ごし、流石に10畳一間、その頃には社員も4人となっており来客が重なるとキャパ限界に達し、今現在の事務所兼倉庫に移った





あの頃と今

手に入ったものと出て行ったもの

得たものと失ったもの


変わったもの変わらないものなど
ひとり、考えていた





有り難いことに、得たもののほうが当然多く大きいのだが

当然、失ったものや忘れかけていたものもある





過去を振り返るのは良くない

そう言う意見を言う方も、なかにはいるかもしれないが


時には、僕はそうは思わない
過去を振り返り原点を見つめ直すこと、これはもの凄く大切な、未来への作業だと思う







圧倒的にあの頃には、夢

夢があった

そして、少なからずまだまだではあるが10数年の時を経て、その夢は叶った

次なる、更なる、夢

現状維持では満足したくない

夢ある人間は、魅力的だし、輝いている

原点回帰

反省

継続することはあたりまえに大切だが、まだまだ更なる、夢、夢を見ようと心に誓って、その場をあとにした





理想と現実の狭間のなかで

夢を追い求め続ける





これからも、そんなTAKATA建築でありたい











あの頃、心から会社を応援してくれていた、今は亡き大家さん、そして、社長のお父さんのためにも☆☆☆☆☆…





NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 18:42
comments(0), -
Comment