RSS | ATOM | SEARCH
最期まで武士道を貫いたカイロ医でした
僕が通っていたカイロの先生が、亡くなった

先月の末ごろに診療所の前を通ったら、シャッターが閉められ、雪が少し積もった先生の車が前にポツンととまっており…

「嫌な気」がしたので、携帯と診療所に電話をしたものの繋がらず…

それから気になってはいたものの「きっといつもの出張だろう」と診療所には寄らず

そして約1ヶ月後の先週、また診療所の前を通ると今度は車がなくなっており、シャッターは閉じられたまま

「間違いなくおかしい」

そう思い、車を駐車場に停め、裏の自宅 の玄関へ

鍵はかけられ(一人暮らしの先生だった)
ポスト口をそっと覗いてみるとたまった郵便物が…

「今度こそ嫌な予感」がし、携帯をかけてみると、現在使われておりませんのアナウンスが

信じたくない、信じよう

きっと生きてる、生きてくれているはずだ

そう願いながら、やっと時間があいたので今日、ご近所の誰かが事情をと思い尋ねると

あの1ヶ月前の「嫌な気」がしていた時に、亡くなっていた

最期はひとり、診療所で倒れ込んでいて、救急車が駆けつけタンカーを持って入っていったが、そのタンカーに乗ることはなかったらしい…

「ノブ、ワシが死んだらな、香典はいらんから線香だけあげてくれいや〜」

これが先生の口癖だった

後悔がのこる

悔いがのこる

もっと、顔を出してあげてれば

「あのとき」もしかしてまだ息をしていたのでは?

悔やんでも、悔やみきれない

見た目はヤクザのようなじーさんだったけど、腕は石川でナンバー1だったと思う

僕の頸椎をほぼ動くようにしてくれたのも、人としての生き方や在り方を教えてくれたのも、先生だった


人の死は

突如として、地震のようにやってくる

そして、気付く、

なんとも、はかない

桜のように散ることすら知らないままに

あっけなく、散る

とにかくいまは

先生を弔いたい

手を合わせたい

ありがとうございましたと

触れたい

ゆっくり休んでくださいと

目の前で涙したい

先生、数々のことを、この約15年間本当にありがとうございました

なんとか聞きまわり!あなたの墓は意地でも探し出して会いに行くよ!

本当に本当に、ありがとうございました☆☆☆☆☆

そしてあなたが教えてくれた事を、思い出しながらあなたの分まで生きるよ

生かされている命に、感謝しつつ…

あなたからの恩義は、生涯わすれないよ

心よりご冥福をお祈りいたします





合掌





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:11
comments(0), -
Comment