RSS | ATOM | SEARCH
能美市松が丘「ウルトラアートの家」第三弾!!! 新築完成内覧会
連日、寒い日が続きますが…「能美はかなり熱いんです!」笑



能美市松が丘「ウルトラアートの家」第三弾!!! 新築完成内覧会、11月25(土)26(日) 10時〜17時



いよいよ今週末「日本初!世界初!」を沢山盛り込んで、お披露目です!



→会場詳細地図はコチラ←



今回のお家、題して「軌跡(つながり)によって生まれた、能美の奇跡(いえ)」



これは、このお家を手掛け携わった社員、スタッフ、大工、職人、作家、アーティストたち…、すべての想いを詰め込んだタイトルです。



施主、義本様ご家族のために…



「能美市事業の一環である「ウルトラアート」は義本さんの存在がなければ、今現在、目の前のすべてが成り立っていなかった」そう言っても、過言ではありません。



だからこそ「軌跡(つながり)によって生まれた、能美の奇跡(いえ)」



その恩義を、最大級の感謝の意を込めて、カタチにしたい…、そんなメンバー全員の想いで、家づくりに取り組ませて頂きました。



アートをもって地域活性振興をはかり、誰もが住みよく楽しい町をつくりたい…、そして、子供たちへの未来をつくりたい…



「LIFE is ART(一人ひとりの人生そのものが、アートである)」そんなコンセプトのなか「ウルトラアート」から派生し、誕生した「ウルトラアートの家」。



そして今回の義本様邸は「近未来の高齢者の住まう在り方」をテーマとさせていただきました。



緑に囲まれた高低差の立地敷地内の、ほどよい距離の離れ、完全バリアフリー化、セキュリティー対策、ホームエレベーターの完備、そのすべてを兼ね備えながら、高齢となられたお母様のお部屋と、誰もが気軽に集える「アトリエ&ギャラリー」で繋ぐ、そんな「コミュニケーションズ「HANARE」」という、新発想の誕生です。



「新たなる高齢者が住まう在り方」そして「真のコミュニティの在り方」を、能美市より発信させていただきたいと思います。



「古きものに新しきもの、これ永遠なり」。



皆々様のご来場、心よりお待ち致しております。



「感動必須」☆☆☆☆☆




TAKATA建築 & ウルトラアートの家
統括マネージャー 小西暢広
author:NOBU, category:-, 12:36
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/878