RSS | ATOM | SEARCH
鬼にもなれ
「善人」という漢字には「心」入ってないが、「悪人」という漢字には「心」が入っている。

どうも、優しいだけではダメらしいです!

そういう意味では良き意味で、人は時には「悪」にもなれ、とです!

そしてその人その人の「リングに上がる」時には「鬼」にもならなくちゃいけない、そんな時も必要なのかもです!

最後に…

「親」という字は、立ってる、木を、見る、そう書きます。

その姿は「離れなきゃ見えない」んです!

時には、愛だろ愛!があるからこそ、あえてつけ離して、離れてそして、あたたかく見守る…

ま、善悪あって!当たり前!

身の程知らずは、周りを見て学んで、疲れたらちゃんと吐き出して!そしてまた、出した分を、吸収する!

そうやって、落ちたり上がったり!調子に乗ったりカッコ悪かったり!背伸びして見たりしゃがんだり!

自分の「軸」さえブレなきゃ、人間だもの!それでいいし、それがええ!

全然最後じゃなくなってきたので…笑

今日は、この辺で…笑





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:03
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/964