RSS | ATOM | SEARCH
「No ライフ・No ジャンル」


最近、腹に落ちて腑に落ちたこと

人も家も、自分自身の生き方そのものも

芯と軸さえしっかりしていれば

「No ライフ・No ジャンル」が

一番良いのかも知れない

すいもあまいも、強きも弱きも

自分だけの、個性を堂々と振りかざし

ただただ、生きる、生かされる。

愛と平和と感謝を胸に





NOBU・ディラン(笑)
author:NOBU, category:-, 19:01
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://takata-archi.com/trackback/982