RSS | ATOM | SEARCH
オモイハツタワル
今日 ご契約を終えたお客様…

約5年半 僕が書き綴ってきた会社blog

「TAKATA建築日記」

全て読んでくれていたことを 嬉しそうに話してくれた…

「本気で継続」 

かならず想いは 伝わるんだよな…

やってて よかった

O様 「本当にありがとう!」











ここからはじまった・・・
記念すべき 樂家樂座一棟目の上棟式










「あたりまえの感謝」を 決して 忘れてはいけない・・・










NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:32
comments(0), trackbacks(0)
you! 「出しちゃいなよ!」

今日は 完全なひとりごとです
暇な方だけ 呼んでくださいね〜

何年か前にもここで書きましたが
何年前からだろう・・・ 僕はコンビニへ行くと
あのレジの上に置いてある「募金箱」とやらに
かならず募金をしている

ここでそれを自慢たらしく 言いたいわけでもなく・・・
ただただ 募金をしている

そして募金箱に書かれている文字を 読んだことがない
なにに 使われているのか 考えたこともない

これだけ読むと 相当変なやつなのだが・・・
「それでいいし それがいい」

「俺!なんとかのなんとかに 募金してやったぜ〜」 的な考えが
非常に 「マズい」

ただただ 「どうかこのお金がどこかの誰かのもとで
良いふうに使われますように」 その願いを込めて 入れる

そして かならず 自分を含め「家族の人数分の枚数」を一枚一枚入れる

俺 嫁 長女 次女・・・
そんな具合に一枚一枚 思いを込めて・・・

だいたい1円玉か10円玉5枚だが 調子をこいた日は
100円玉を5枚 さらに頭がいっちゃってる日は
札を5枚入れたこともある
そんな ときは マジ 店員がビビる 笑

僕は とにかく 良い意味で 「お金をだす」
もっと言い方を変えれば 「流す」

人間は 「無償で出す流す」という行為が非常に大切である
そこに「愛」があれば 最高だ

出会いや別れ 呼吸 食事や排泄 涙だってそう・・・

出さなきゃ 入ってこない

「出入り口」という言葉はあっても 「入り出口」なんて言葉はない

もう一度 「出して入れる」

そこで最大のポイントは 「見返りを求めちゃいけない」
ただただ 無償で 出す

それを 僕みたいな変人に もし共感できたかたは 笑
是非 やってみてください 続けてみてください

お金だけではなく 「いろんなものが入ってきますから」

そして 僕の財布の中身は 聞かないでください・・・

「流れっぱなしなので」 笑

ただ 不思議なことに・・・
やらしい意味では決してなくて
「空っぽになったことは ありません」

みなさん!もう一度!「見返りを求めちゃだめですよ〜!」 笑




















そして できることなら 募金箱にお金を入れたあとに
お金を出しているのに コンビニの店員さんに
最大級のスマイルで 「ありがとう」・・・ と
格好良く キメてみてください・・・ 笑

「なんだこいつ!?」という顔が いつしか
「マジな笑顔に変わっていきますから」




















「人生 そんなもんです」




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 00:07
comments(0), trackbacks(0)
ろくなもんじゃねえ
今日は 仕事オフだが
どうしても 早くこのタイミングで書かないと気が済まないので
今 自宅書斎でひとり 芋焼酎ロックを呑みながら
PCに向かっているという状況
(決してまだ酔っぱらっては いないので…)

「消費税率アップ」

決して 全ての営業マンたちとは断言はしないが
これを新築考えてる人たちへの「営業トークにするな!」

そして「消費税があがる前に急いで!」とかいう過剰広告を
バンバン打っているハウスメーカーは 即刻やめろ!馬鹿かあんたらわ!

確かに何人かは心からそう言ってるのかもしれない
だとしても「そんなトークはやめろ!」
あんたたちは「ほかに売るトークはないんか?」と 言いたい

そして 彼らは来年4月の税率アップ後 必ず言うだろう…

「消費税は上がっても大丈夫!うちはその分還元しますんで!」
「ホニャララキャンペーン中!消費税は関係ないですよ!」
このセリフ… 「ほぼ100%保障しよう」 絶対に言うから…

みなさん

「住宅の裏業界」
ちゃーんとなっています
「嘘か誠か」「綺麗か汚いか」
どちらかしか 残念ながら ありません…

ちゃんと 自分自身で 見抜いてください

一生に一度の家です

3% 消費税があがることで
新築計画を焦らされて 家づくりをするぐらいなら
その計画は 「やめてください」
焦っていいことは 人生にありません

確かに何千万円の3%は大きいです

しかし たとえば40坪を38坪にしてでも
「拘った家を求めているなら」
それが 答えです

焦りの中で「拘りのない40坪を建てる」
そんなぐらいなら 家づくり計画はストップ
後悔しか 待ってません

「目に見えてますので」

消費税引き上げ前と 消費税引き上げ後

各社で住宅営業マンたちは必死になって
「そのトークを練習しています」

うちにもよく来ます
馬鹿な商社が「マネージャー!税率アップ前のトークの
良い資料をお持ちしました!」と

「そんなもんいらんから もっと良い建材が出たとか
情報を持って来いよ!うちにそんなもんわいらんから!」

これ 「マジで言ってます」

そこには「お客様を思う心」
そんなものは 残念ながら 1mmも存在しません

家づくりは 前から何度も
ここで書かせていただいておりますが

「ご縁とタイミング」 これです

税率アップがたまたま 拘りの家づくりの
タイミングなのであれば 私の今日のブログで
何も言うことは ありません
失礼しました とういことしかありません

ただし 「今」に縁とタイミングを
感じないのであれば
本来 私の立場で言う言葉ではないのを 
重々承知ですが 税率アップ関係なく 焦らず

「今は建てないでください」

そして TAKATA建築を心から愛してくれる
そんなお客様たちが 本当にたくさんいます

そんなお客様たちのみ ご検討していただいている
お客様たちのみに 「先に断言しときます」

3% 消費税率が上がった後は

お客様が半分の1.5%をかぶってください
そして 我々が 残りの半分 1.5%を かぶります

「平等にかぶりましょう」そう 互いにです

すいませんが 「3%すべてかぶります」
そんなことは とても言えません
逆にそれは 「危ない建築屋です」

そして お客様が1.5%をかぶった分
そして 我々が1.5%かぶった分

「今より拘った家づくりをする」
「税率アップ時前よりも 拘りの家づくりをする」

ただ それだけのことです

全身全霊で 税率アップ 3%分を

「最大級の満足感」にかならずしてみせます

どうか 言葉悪いですが・・・
税率アップに 「ビビらないでください」

本当にビビってんのは 他に売りのない「建築会社のほうです」
「卑怯なケンカはするな」 それしかいいようがありません

今日の私のブログは この業界の人間ほとんどが
笑い 馬鹿にし 罵倒するでしょう

「お前 なに理想いってんの?笑」
「おい!お前!営業妨害すんなよ!」

まあ そんなとこでしょ!笑

それで「上等」です

世の中 「ちゃんとなってますので」

そして 最後に笑われうのは 「あんたらだ」










このブログ

当社に相談に来られたお客様からの たくさんの声 
「他の会社から税率アップの話をされ…
「その話しかなくて… その話がメインで…」
本当に多くの方々が 困惑されている事実

いったい 今年に入って何十組のお客様から
この相談を受けたかしれない…

だからあえて 書かせてもらった










私たちTAKATA建築は すいません…

基本 私含め 「建築バカの集団です」

だから税率が上がろうが下がろうが 関係ありません

どちらも 全身全霊で「受けて立たせていただきます」










どうか 「あなたたちご家族だけ」の
ご縁とタイミング これを信じて 動いてください










最後にもう一度だけ 言わせてください…










「心ない馬鹿な住宅営業マンたちよ!頼む!この業界から去ってくれ!」










これで スッキリ 眠れます…










「バカボンド」NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 22:11
comments(4), trackbacks(0)
「白山龍」とは
本日は 私的なブログで大変申し訳ございません

私が今 同志たちと動いている 新プロジェクト

「白山龍」

その五人の同志たち・・・ そして 思いを・・・
見て 読んでいただければ 幸いです
そして 共感共有共通していただければ なによりです










「生きた六人の 龍たちより」

この殺伐とした時代に 一番大切なこと

それは 人としての心を持つこと そして 
目に見えない大いなる存在への 感謝
そう 信じております

「白山龍」

石川人の心を 改革したい
そして 思い出してほしい
私たちは 白山 そして 手取川の恵み
その存在に 感謝し 日々を生きているであろうか
あたりまえに なってはいなであろうか

その 大いなる恵みの「軸」となっているのは
「龍神」の存在であることを 皆さまはお気づきであろうか

龍神

ときには人々に 厳しさや試練を与え
そしてときには 子供を見守るかのように
優しさを あたえる

この守護神 龍神の存在を 石川県民一人一人が
意識し 自覚し 感謝し この石川を 誇りに思う
地元を愛し 自然を愛し この石川を 素敵に思う

空を見上げてください 山々を見つめてください
川の流れを見てみてください
あなた自身が 自然と一体となってください

そこには かならず 龍神がいます

「石川に 龍神あり」

忘れないでください 誇りに思ってください

そして 石川県民 ひとりひとりの心が
幸せで満ち溢れますように・・・

「全ての出来事は一つによって繋がっている」

ありがとうございました

http://youtu.be/fd-PWwpQRzk










暢(NOBU)
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:45
comments(0), trackbacks(0)
雲の上でママをみていたときのこと
「この時がきた」

先日 三歳になったばかりの娘と二人 お風呂に入っている時のこ
湯船につかりながらいきなり娘が 唐突に話し出した

...
「パパ、ココね!(娘のこころ)お空にいたんだよ〜!
そしてね、パパとママを上から見てた」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(自分)」

「それでね、背中に大きな羽があったの!」
「何色の羽だったの?(自分)」
「うん!うん!白いきれいな色!」
「そっか〜・・・・・・ それで?」
「うん!横におお〜きな おお〜きな人がいて・・・」
「それは神様だったの?」
「う〜ん・・・わかんない」
「パパより大きかった?」
「うん、もっともっとも〜っと 大きいんだよ〜!」
「雲の上はどんなだった?」
「えっと〜えっと〜・・・ すっごいお花がいっぱいいっぱい
あったんだよ〜!あとは後ろのほうにイコ(いこい一歳半の娘)も
いたんだよ〜!」
「そっか〜・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あ!あとね、じいちゃんが神社でお参りしてたの!
ココに来てほしい 来てほしいって!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「そっか〜・・・!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「それでね、ココ、お空を飛んだんだよ〜!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「ねえ?ココ?なんでパパとママのところを選んだの?」

「う〜ん・・・ え〜っと え〜っと・・・
嬉しいと思ったから!!!」




















 以前 この本を読んでいてよかった



















ココ 自分たちを選んでくれて ありがとうね!




















 涙をこらえながら 笑いながら 三歳のこころに 耳を傾けた




















親が子を選ぶんじゃない 子が親を選ぶんだ




















 そう思うと 何よりも 愛おしい




















親がえらいわけじゃ ないんだよ
お互い様 親も子も 互いに学ぶんだよ
それが 「家族だよ」

「雲の上でママをみていたときのこと」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/457606200X/jugem-22/ref=nosim/
author:NOBU, category:ひとりごと, 00:41
comments(0), trackbacks(0)
再開

約三日間 サーバーの不具合により blogが停止してしまい
いつも見ていただいている皆々様には 
大変ご迷惑ご心配をおかけいたしました

「TAKATA建築」は 相変わらず 「元気」です! 笑

今後とも いたらないblogですが ご愛好宜しくお願いいたします




















次回blogは 「TAKATA流 新年会」の様子をアップさせていただきます



いろんな意味で・・・ 乞うご期待!




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 18:46
comments(0), trackbacks(0)
ありがとう

朝 目覚める 横で子供たちが寝ている ありがとう

朝一番 トイレに手を合わし ありがとう

リビングで 嫁が弁当をつくっている ありがとう

神棚に手を合わす 神様 今日も ありがとう

仏壇に手を合わす 朋友 今日も ありがとう

いってらっしゃい 子供と嫁に ありがとう

通勤時 100円橋のおっちゃんに ありがとう

通勤時 交通整備のおっちゃんに ありがとう

バス停に きれいな女の子 ラッキー ありがとう

会社到着 事務所神棚に今日も仕事ができて ありがとう

一緒に仕事ができるナカマに ありがとう

今日出会った 話せたお客さん 業者さんたちに ありがとう

コンビニの店員さんに ありがとう

帰宅時に ハザード出した前の車に ありがとう

帰宅時に 100円橋のおっちゃんに ありがとう

おかえりなさい 嫁に ありがとう

眠っている 子供たちに ありがとう

仏壇を閉めに 朋友 今日も ありがとう

あたたかい風呂につかり ありがとう

美味い酒に ありがとう

このブログを 読んでくれてる皆に ありがとう




















今日もたくさんの ありがとう




















7,8年前からはじめている ありがとう探し




















みんな だまされたと思ってやてみな〜

マジで ありがとうの数だけ ありがとうが返ってくるから

ポイントは 見返りなんか求めちゃだめだよ

ただただ ありがとうって思い 言うんだよ

そしたらね なにが起きるかっていうと

そんな自分が 好きになる 笑

そしてまわりが そんな自分を 好きになる

そして 幸せって思いが増え

いつしか 幸せってナカマしか よってこなくなる

知らぬ間に 自分も周りも 幸せだらけ

笑顔であふれてる

これ ほんとだよ

まずは ありがとう

思ってみ〜 言ってみ〜

人生 変わるから

動きだすから




















それが ありがとうの チカラ




















今日もあたたかい布団で眠れて ありがとう




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 00:23
comments(0), trackbacks(0)
口だけ野郎

行動を起こすスピードで

身のまわりで起きる全ての出来事が

好転していくということ

信じたならば 即 動く

動いて 動いて 無理を可能に変えていく





思案する もちろん大切なこと

ただ 思案する時間が長ければ長いほど

当然 良い回答が待っているときもあるが

その時間が長ければ長いほど

自分を追い込んでしまうこともある

精神的にだ





今の時代のスピードについて行け

そんなことは 全く思っていない

むしろ それは逆の思いだ

ただし 行動力

これが ない人 遅い人

これは 絶対になりたくない

行動力のない人で

人生を楽しんで生きている人を

いるなら 教えてほしい

思い立ったら 即 行動

これが 実が物凄く重要だと思う

今日 このごろ

特に仕事においては

このスピードがおちたとき

致命傷に なりかねない





冷静に 確実に スピーディーに

たとえ 一瞬でも無理だと頭によぎったことであっても

ほんの 一瞬でも もしかしての可能性が 頭によぎったのであれば

とにかく 動くのみ

動けば動くほど

好転しだす 周りの人々 

好転しだす 環境

好転しだす タイミング

好転しだす 助け舟など

目に見えない いろんな力 きっと感じ取るはずだ

これは 間違いない






















いつの世も 先に動いたやつが 勝ってきた




















ぐだぐだと言っている暇があるなら 即 動け




















そういつも 自分に言い聞かせている という 今日のブログ




















口だけ野郎には 死んでもなりたくない




















それが 男だ




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 19:45
comments(0), trackbacks(0)
あなたは お客様ではない

今 僕の目の前にいるのは 「お客様」なのだろうか?

話しながら 時折り そう思う時がある

当然 大切なお客様に変わりはないのだが

いつも ふと そう思う





その人 その家族の これまでの人生

価値観や人生観や人間性

夫婦関係や親子や親戚や友人関係や会社関係

様々な人間関係 年収 貯蓄 家賃 借金

本人が抱えている病気や ご家族の病気の内容・・・





もちろん 刑事のように

こちらが「聞き出す」のではなく

このような ある意味とてもヘビーな内容を

人生のすべてを 「対話する」





このような会話をしている際

決して失礼な意味ではなく 僕はお客様を

「お客様だと見ていない」

それは その枠を 超えているとしか

言いようがない





人 対 人

一人の人間同士 ぶつかり合っている

これはもはや 「仕事」ではない

その領域を遥か超え

家族でも親でも友人でも知人でもない

そんな 僕が こんな内容の濃い話を

聞き応え 考え 聞き応え 考え

一緒に悩み そして笑い

互いに 「答え」を前に出していく

これはよく考えれば とても不思議な話であり

そして 他にはない 仕事でもあり・・・




















ここまで 「建築」 にかかわることは一切 書いていない

書くつもりもない むしろそれは 「二の次だ」




















「建築に関係することを 一番にしない」

これが 家づくりに最も大切なパートナー

僕たちの 「義務」と「使命」と「誇り」だと思っている




















くどいようだが もう一度言わせてください・・・




















「建築にかかわることは 一切書いていない」




















今日は 家づくりの 「木の根っこ」の部分を書かせていただきました




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 22:11
comments(0), trackbacks(0)
大バカ野郎

御盆休みのblogから更新がかなり送れちゃいました・・・
すいません・・・ NOBUです

御盆休みは 家族親族一同や友人たちで大満喫させていただきました
その中で家族愛や友人愛をあらためて とてもありがたく感じる
とてもとても良い機会となりました

あたりまえの全てに あらためて「感謝」




















現在

本当におかげさまで お問い合わせやご成約が とまりません・・・
いわゆる 「ラッシュ」です

でも お客様にはそんなことは全く関係ありません
個々の 自分たち家族だけの大切な大切な お家です

だから どれだけ忙しかろうが 一家族一家族
誠心誠意 全力で取り組ませていただいております
あたりまえのことなのですが・・・




















前にもblogで書かせていただきましたが
「忙しい」という字は 「心を亡くす」と書きます
これは 非常に怖いです 冷静さを亡くすということです
冷静さがないと 判断力や視野が各段に鈍ります
僕らの仕事においては これは致命傷です




















基本 自分は「大バカ野郎」だと思っています・・・ 笑
忙しければ忙しいほど 「楽しくもあり」 そして 「燃えます」
この性格は 生涯変わらないと思います
そして この仕事が好きで好きで仕方がありません
そして 忙しさを冷静に楽しんで燃えている自分が
勝手に「相当カッコイイ」と思っている
相当の大バカ野郎です!笑
むしろ きっと「M気質です」!笑




















今現在 4件の動いている新築現場と1件のリノベーション現場に加え
来週から2件のリノベーション現場が動き出し
9月には3件の新築現場が動き出し
10月にも2件の新築現場が動き出します
来年から1件のリノベーション
来春から3件の新築が決まっています




















・・・・・・・・・・




















1件1件のお客様の想い そして 人生を
全身全霊で汲み取って 「こなす」ではなく「造って」いきます 確実に・・・




















いつの時代も 「大バカ野郎」と言われる奴が 時代を改革してきました
ならば自分は この建築業界に同じくメスをいれ 改革したい!
そう!「龍馬」のように!笑




















文頭に書いたように 家族や親族や友人 そして先祖
出会えて関われたすべての皆様に感謝して・・・




















あなたの家を この「大バカ野郎」に・・・




















「任せてください」




















NOBU

author:NOBU, category:ひとりごと, 22:36
comments(2), trackbacks(0)